Rider's Blog
バイクやツーリングのことをあれこれと。
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

sogo

Author:sogo
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010西日本ジャンボリーin今治(2日目)

P1030589.jpg
今年の記念品は、BMWマークの入った今治タオル
こりゃ、使える。


天気予報どおり、朝起きて外を見たら雨。
しゃーないな。超アメオトコのYさんも参加していたんだから(笑)。

今日も気ままな帰りツーリング。
考えてみれば、
出発時刻もなし。
ツーリングルートもなし。
どこで道草しても文句言われないし。
と、いいことばかり…。
気楽なツーリングがいちばん良いね♪


私は
出発直前にアマチュア無線装備を完了したという仲間と交信しながら
走ろうという訳で下道を帰りツーリング。

天気がよければ
黒森峠-面河渓-瓶ヶ森林道-寒風山-早明浦ダム-大歩危

と走る予定だったけど、この空模様なら上へ上がってもガスっているだけ。
と判断し、小松-西条-新居浜-川之江-池田-脇町
の無難な一般道を選択。







出発前の集合写真。
館内放送で案内があり、エレベータに乗ろうとしても来る箱が全て満員。
待てど暮らせど下には降りられない。
間に合わなかつた仲間もたくさんいた様だけど、エレベータに文句言っても仕方ないし(汗)
DSC_7335.jpg



全員写真のあとは、香川からの参加者たちだけで「はいチーズ」。
DSC_7341.jpg



荷物を積んだ後で、各車を観察。
おおっ。遠路鹿児島からのライダーも。長旅お疲れさま。
皆さん、気をつけて帰ってくださいね。
P1030522.jpg 
P1030525.jpg 
P1030526.jpg



我々も出発です。
地下の駐輪場でレインウェアを着るも、地上に上がったら止んでいる。
ま、いいか。暑くもないし。
彼は途中まで同行の仲間。名古屋まで帰ります。
P1030540.jpg




池田あたりでお昼時間になったので、行く場所はここしかないでしょ。
「阿麺房」。私は「味噌ラーメン」。連れは2人とも「中華そば」。
ちょうどお昼だったので大将は忙しかったみたいでお話しできず残念。
P1030541.jpg 
P1030543.jpg 
P1030544.jpg



そしてさらに東へ。
JR四国、徳島線の列車が背後から忍び寄ります(笑)
P1030549.jpg



『ここまで来たら脇町に寄りたい。』という名古屋のツレの意見に我々も賛同。
こういった予定無しのツーリングだからできる訳でして。
立ち寄った「うだつの町なみ」を散策。
実はこの中にある饅頭屋「川田光栄堂」さんの「赤飯まんじゅう」を土産に買いたかったのだと。
観光客でいっぱいだ。
私は以前から欲しかった藍染めのバンダナを購入。渋いでしょ。
ついでに山田洋次監督の映画「虹をつかむ男」の舞台にもなったオデオン座にも。
P1030560.jpg 
P1030563.jpg 
P1030562.jpg 
P1030582.jpg 
P1030588.jpg 
P1030592.jpg 
P1030572.jpg


このうだつの町並みで竹細工のお店を見かけ、
…そういえばセントラルのBMW仲間で「竹細工やっている人が居たなぁ~」と店内へ。
実演していた方に、その人の話しをするとよく知っておられた。
それもこの世界では凄い人らしく、職人さんはしきりに「先生」「先生」と言われていた。
この竹細工の創始者の二代目の人だったとは(驚)



2人の仲間とはここで別れて私は一休さん(国道193号線)を北上することに。
総走行距離約350キロのツーリングでした。

みなさん、お疲れさまー。




【追伸】
うだつの町並みの一角に雑草のように咲いていたこの花。
これが藍の花だそうです。
P1030576.jpg


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。