FC2ブログ
Rider's Blog
バイクやツーリングのことをあれこれと。
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

sogo

Author:sogo
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丹後半島ツーリング1日目

DSC_6720.jpg
今回のツーリングは17日の宵に出発。
赤バイク(私)と黒バイクの2人はフェリーで宇野港へ。
銀バイク、青バイク、白バイクの3人は淡路経由。
名古屋から関ヶ原で合流の黄バイクも含めて総勢6人。
四国からの5人は名神高速多賀SAのレストインで仮眠予定。



だが…。


やっちまったよ。
レストイン多賀は満員。
仕方なくSAのベンチで仮眠となる(涙)



番狂わせは多賀だけに非ず。
【1】楽しみにしていた関ヶ原の古戦場跡はショボかったのでスルー(怒)
【2】さらに伊吹山ドライブウェイは開門時刻まで1時間近くあり、時間がもったいないのでスルー(涙)
DSC_6728.jpg



【3】次に向かったのは奥琵琶湖パークウェイ。
以前からライダーのメッカと聞いていたのだが、あまりの路面の悪さに閉口(汗)
地元ライダーは、こんな路面で鍛えられているのか(驚)
展望台からの琵琶湖の眺め、向こうに見える伊吹山が誇らしげ。
DSC_6764.jpg 
DSC_6755.jpg 
DSC_6757.jpg



【4】マキノのメタセコイア並木
一直線に伸びる道路と、並木が素晴らしい。
並木道の両側は田畑。栗畑があったりしていかにも長閑。
涼しげな木陰から動きたくないっ。
DSC_6780.jpg 
DSC_6770.jpg 
DSC_6809.jpg



【5】三方五湖
ケーブルカーのある展望台の1つ手前の展望台にて。
レインボーラインはイマイチだが、景色は言うことなし。素晴らしい。
DSC_6833.jpg  
DSC_6850.jpg 
DSC_6841.jpg



【6】Yes We Canのオバマ(笑)
若狭フィッシャーマンズワーフでお土産&ランチタイム。
焼き鯖は気になったけど1人で食べるには大きすぎ。
仲間は誰も興味がなく、残念ながら食べられなかった(涙)
そして、小浜の人気ゆるキャラ「さばトラななちゃん」をゲット。
DSC_6854.jpg 
DSC_6851.jpg 
DSC_7200.jpg



【7】伊根の舟屋。
小浜からは時間を読みたかったので、宮津まで高速を利用。
宮津市内で楽しげなイラストの列車を発見!北近畿タンゴ鉄道100型?
天橋立観光は当初からスルーの予定だったので、そのまま伊根の舟屋へ。
以前、舟屋の民宿に泊まったことがあるけど最悪だったのを思い出した。
枕元(階下)の波音がチャプチャプと気になり寝付けず、
早朝4時頃に下に停泊中の漁船のエンジン音で叩き起こされて完全寝不足(>_<;
DSC_6861.jpg 
DSC_6886.jpg 
CIMG1283.jpg 
DSC_6914.jpg



【オマケ】その後宿に到着。日没を見てご馳走を食べて…。
前夜はSAで野宿だったため寝床に入った途端に、寝入ってしまいました。
DSC_6958.jpg 
DSC_6977.jpg

おやすみ…zzzzz



☆この日のルートは…。
■早島から乗った高速道は流れてはいるものの、メチャ混み。
全体的にペースが上がらず。

■翌朝、関ヶ原から湖北までは、のどかな田園地帯を行く。
ペースの遅い車に捉まり、ペースが上がらない。

■マキノから三方五湖までは快走路あり田舎道ありで、まあまあの流れ。


■三方五湖から小浜までの海岸沿いの国道は信号もなく、快走できるワインディング。
ハイペースで走れた。

■小浜から宮津までは高速。思っていたほど混んではいなかったが、
終点の宮津で料金所先の信号からランプ内まで渋滞。
このため天橋立方面への右折は行わず、左折して山道のワインディングを楽しむ。
狭いのでペースはイマイチだが、信号も車も殆どなく快走できた。

■傘松山辺りから伊根~宿までは道幅は狭いが気持ちいいワインディングとなる。
ペースの遅い車に捉まるも、その車が逸れたらハイペース。


今回は走り慣れた仲間ばかりなため、必要以上にペースを遅くして周りを苛立たせる
自己チューな仲間や迷子もなく、予定時間通りの走行ができている。


前夜も含めて、この日の走行距離は約600キロほど。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。