Rider's Blog
バイクやツーリングのことをあれこれと。
カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Author:sogo
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月30日は・・・
こん○○は、
「Devil」です。
昭和9年の5月30日は、日本の英雄「東郷 平八郎」のなくなった日です。
20060530173105.jpeg

1800年代後半は、アジア諸国にとって、欧米列強の支配の時期といっても過言ではない。
東南アジアやフィリピンなどは、アメリカ・イギリス・フランス・オランダなどの、白人支配が行われていた。
日本の国際的地位は、当時はかなり低く、低文明の三流国と見なされていた。
そんな中、東郷は、日本海軍の司令官として、日清・日露戦争の勝利に大きく貢献し、国際的地位を引き上げた。
日露戦争における日本海海戦でロシア海軍を破り、「黄色人種が初めて白色人種に勝利した」として世界の注目を集めた。
当時の世界では、海軍力は=国力と考えられ、欧米では、日本海軍の勝利を予想した人は、皆無であった。
日本海海戦の勝利によって、東郷は「東洋のネルソン」と賞賛された。
日本海海戦での丁字戦法により日本を勝利に導いた世界的な名提督と評価された。
丁字戦法に突入するときの、敵前急速回頭「東郷ターン」は、あまりにも有名である。
20060530173131.jpeg


その後、日本は、泥沼の日中戦争や悪夢の太平洋戦争を経験し、現代の日本へ歴史を繋げていくことになりますが、
東郷平八郎がもしいなければ、日露戦争に勝利することなく、三流国のまま、
ロシアをはじめとする、欧米列強の影響力をもろに受け、
先進国の仲間入りを果たすのは、ずっと後になっていたかもしれません。


スポンサーサイト

ブルーインパルス
こん○○は、
「Devil」です。
5月21日に香川県善通寺に、
香川初披露、ブルーインパルスがやってきます。
ブルーインパルスとは、航空自衛隊唯一のアクロバットチームであり、
宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」の通称です。
1959年に行われた米空軍のアクロバットチーム「サンダーバーズ」の
日本公演を見た当時の航空幕僚長・源田実(←真珠湾攻撃の航空参謀)が打ち出した構想をきっかけに1960年に発足しました。
使用機体はT-4、機動力と操縦性能に優れた、まさに、アクロバット飛行に、
うってつけの機体で、白地にブルーのラインがかっこいい塗装になっています。
世界的に見ても、日本のブルーインパルスの技術は高く評価されていて、
世界中にファンも多いと聞きます。
20060519180712.jpg



20XX宇宙の旅
こん○○は、
「Devil」です。
昨夜、機動戦士Zガンダムの中に出てきた、ガンダムmkⅡのプラモを作っていました。
P1020009.jpg

で、その制作テンションを上げるために、「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」を見ながら作成していました。
その劇中で、月面からマスドライバーを利用して、
νガンダムを射出するシーンが出てきます。
このマスドライバーという装置は、地表からコンテナのような荷物を
ロケット打ち上げのようなコストのかかる方法でなく、
巨大な砲身を持つ大砲のようなモノや、リニアモーターカーのように、
それよりも遥かに強力な電磁石の反発力で段階的に加速・射出するような技術を応用して、
低コストで地表から宇宙空間へ荷物を運搬する設備のことを言います。
しかし、ものすごい加速度(G)がかかるので、生身の人間は、
地球上から、マスドライバーで宇宙に行くことは無理といわれています。
現在のスペースシャトルでさえ、1キロあたり、9000ドル弱の打ち上げコストがかかると言われています。
「Devil」の体重だといくらになるのか計算しただけで、
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そこで登場するのが、軌道エレベーターです。
20060512094745.jpg

軌道エレベータとは,静止軌道衛星と地表をケーブルで結び、
そのケーブルを伝って、エレベーターで人や物が、地表と宇宙空間を行き来する
高さ3万6000kmの宇宙行きのエレベーターです。
軌道エレベータは大量の人や物を、安全・低コストで、
無公害に輸送できるロケットに代わるべきシステムです。
基本的には現在の技術で実現可能だといわれています。
カーボンナノチューブなど強度のある素材が新発明されたことで、
実現の可能性は大いにあると思います。

今からほんの200年前は、日本とアメリカ大陸の間を行き来する人は、ほんの僅かであり、
またかなりの危険を伴っていたのが、200年後の現在では、
飛行機でほんの十数時間で、太平洋を誰でも横断できる時代になっています。
宇宙空間と地表も誰でも気軽に往復出来る「宇宙世紀」の時代が早くやってこないかなぁと、
ガンダムのプラモの作りながら考えていました。


船旅への誘い
こん○○は、
「Devil」です。

船旅は、好きですか?
と聞かれれば、
即答「大好きです。」と答えるDevilです。

基本的に乗り物・機械好きなんですが、
船旅は特に好きです。
私が、北海道に行くときに
利用する「新日本海フェリー」
20060508141257.jpg

この船内でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。
特に行き(北行便)のときは、忙しかった日常から
北海道モードへの切り替え、上陸後の予定を考える、
のんびりしながらもワクワクする時間が大好きです。
20060508141324.jpg

でも、帰りのフェリーは、北海道ツーリングの終わりを否応なく実感させられるので憂鬱ですが・・・

ちなみに、学生時代にバイクで日本一周したときは、
鹿児島から沖縄まで、フェリーを利用しました
大島運輸のフェリー「あけぼの」でした。帰りももちろんフェリーですが・・・

20時間を超える船旅は、独特の時間の流れがあるので、好きです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。